◇2017年

4月、塾長、福岡空手道連盟 審判部会【審判長】として3期目1年目、計5年目となる。

4月、当、道場生:川﨑紀香さん、久留米商業高校に進学、空手道部メンバーとして始動。

5月、「第35回福岡県少年少女空手道錬成大会」にて、田中健翔選手:優勝、蒲池柚奈選手:3位

            井村円香選手:3位、それぞれが『第4回全九州少年少女空手道選手権大会」へ出場。

            また、田中健翔選手と蒲池柚奈選手の2名が【第17回全日本少年少女空手道選手権大会】へ出場。

           ※当道場生、「福岡県代表選手」として全国大会17年連続出場中!

6月、「第13回福岡県中学校空手道大会」にて、中島早貴選手:準優勝、荒木千皓選手:3位

   熊本にて開催された『第13回九州中学校空手道競技大会』へ出場。 尚、中島早貴選手おいては

   山梨県甲府市にて開催されました『全国中学生空手道選手権大会』へ出場。

8月、日本空手道連合会「第17回九州地区空手道選手権大会」にて個人形、優勝1名準優勝2名

   3位2名のそれぞれが11月、大阪で開催されました、日本空手道連合会「60周年記念全国大会」へ出場。

9月、塾長、(公財)全日本空手道連盟/日本マスターズ大会にて審判員を務める。

11月、塾長、日本空手道連合会/公認称号【 教士号 】を授与。 

11月、塾長、福岡市小呂中学校にて第3回目の文科省推進「中学校武道教育」の講師を務める。

12月、塾長、スリランカ国(支部道場)へ2回目の渡航、指導、及び「自成塾空手道大会」を開催。


◇2016年

1月、スリランカ国に「自成塾スリランカ支部道場完成!

4月、塾長、福岡空手道連盟 審判部会【審判長】として2期1年目を務める。

4月、当、道場生:桐明三緒さん、宮崎第一高校に進学、空手道部メンバーとして始動。

5月、『第34回 福岡県少年空手道錬成大会』において、井村円香選手が個人形:準優勝、田中健翔選手

   個人形:準優勝、それぞれが福岡県代表として『第16回全日本少年少女空手道選手権大会』、

   『第3回全九州少年少女空手道大会』へ福岡県代表として出場。

6月、『第3回全九州少年少女空手道大会』にて、井村円香選手が個人形:準優勝、田中健翔選手が

   5位入賞を果た。

6月、『第12回 福岡県中学生空手道大会』にて筑後北中学校の3名の選手が団体形:準優勝

   中島早貴選手が3位となり福岡県代表として大分県総合体育館で開催の『第13回九州中学生 

   空手道大会』及び新潟・朱鷺メッセにて開催の【第24回全国中学生空手道選手権大会】へ出場。 

7月、スリランカ国、スリランカ空手道連盟 スシール先生他、道場生4名を受け入れ、国際交流を行う。

8月、「空手道競技」、2020年東京オリンピック正式種目として決定!

8月、自成塾スリランカ支部、サンジヤ先生他、道場生1名来日。

11月、塾長、福岡市小呂中学校にて第1回目の文科省推進「中学校武道教育」の講師を務める。

12月、『第11回 福岡県中学生新人空手道大会』にて、中島早貴選手が個人形にて優勝

   荒木千皓選手が準優勝。それぞれが全国大会の出場権を獲得。

2017.2月、塾長、福岡市姪浜中学校で第2回目の「中学校武道教育」の講師を務める。

2017.3月、上記2名の選手が埼玉県埼玉県立武道館にて開催されました【JOCジュニアオリンピックカップ

   彩の国杯第11回全国中学生空手道選抜大会】へ出場。


◇2015年

4月、当、道場生:梶原丈照君、明善高校をへて熊本大学 医学部へ、西日本医科学生 空手道部のスタートをきる。

4月、塾長、福岡空手道連盟 審判部会【審判長】として2期1年目を務める。

5月、『第33回 福岡県少年空手道錬成大会』において、田中健翔選手が個人形:準優勝、田中駿祐選手が

   個人形:準優勝、共に『第3回全九州少年少女空手道大会』へ福岡県代表として出場。

   また、田中健翔選手が【第15回全日本少年少女空手道選手権大会】へ出場。

6月、『第11回福岡県中学校空手道大会』にて桐明三緒選手が個人形:優勝、筑後北中学3名が

   団体形:準優勝、それぞれが『第12回九州中学生空手道大会』、及び「第23回全国中学生空手道

   選手権大会」へ出場。

7月、スリランカ支部からサンジャヤ先生他、道場生5名来日、交流を深めた。

8月、塾長、ニュージーランド/オークランドにて「空手道」の形指導(セミナー)を実施した。

12月、『第10回 福岡県中学生新人空手道大会』にて、中島早貴選手が個人形にて優勝、荒木千皓選手

   が個人形:3位となり、優勝した中島早貴選手が2016年3月、北海道北広島市で開催の『はまなす杯

   第10回 全国中学生空手道選抜大会』へ出場。


◇2014年

4月、  塾長、福岡空手道連盟 審判部会【審判長】として1期2年目を務める。

4月、  スリランカ国 支部道場開設 サンジヤ・ニシャンタ・ピリース氏を支部長に任命!

5月、   『第32回 福岡県少年空手道錬成大会』において、中島早貴選手が個人形:優勝、荒木千皓選手、

            個人形:優勝、篠田青空選手個人形:準優勝の3名が福岡県代表として『第14回全日本少年少女

            空手道選手権大会』へ出場。 また、萩尾結依選手:個人形3位、田中駿祐選手:個人形

            寺﨑百合菜選手:個人形3位及び組手選手推薦枠で田中和帆選手、計7名が 『第1回全九州

            少年少女空手道大会』へ福岡県代表として出場。

5月、   塾長、(公財)全日本空手道連盟/「全国公認形審判員審査会」にて【合格

6月、   『第41回福岡県空手道大会・個人戦』にて、山口尚祥選手が成年男子個人組手:3位

6月、   『第66回 福岡県中学生空手道大会』にて桐明三緒選手が個人形3位となり福岡県代表として

             鹿児島市アリーナで開催の『第11回九州中学生空手道大会』へ出場。

11月、 佐藤徹哉君、今村武瑠君(公財)全日本空手道連盟/公認初段に【 合格

12月、 『第9回 福岡県中学生新人空手道大会』にて、桐明三緒選手が個人形にて優勝、2015年

              3月、北海道北広島市で開催の『はまなす杯第9回 全国中学生空手道選抜大会』へ出場。

2015年1月、塾長、スリランカ国(支部道場)へ初渡航、現地指導を実施。 同国にてTV放送された。


◇2013年

4月、   塾長、福岡空手道連盟 【審判長】に就任!

5月、   『第31回 福岡県少年空手道錬成大会』において、中島早貴選手が個人形:優勝、荒木千皓選手、

             個人形:優勝、田中駿祐選手個人形:準優勝、田中和帆選手が個人組手:3位の4名が福岡県

             代表として『第13回全日本少年少女空手道選手権大会』へ出場を果たした。

5月、   『日本空手道連合会 第13回 全九州空手道選手権大会』において、中島早貴選手が個人形 :優勝

             荒木千皓選手個人形:優勝、田中駿祐選手個人形:優勝、高井良頼輝選手個人組手:3位の4名が

             『日本空手道連合会 第51回全国空手道選手権大会』へ出場。

6月、   『第40回福岡県空手道大会・個人戦』にて、山口尚祥選手が成年男子個人組手:3位、梶原丈照選手

             が少年男子形:優勝、2名が県を代表して『全九州空手道選手権大会』へ出場!

8月、   『第40回 全国高等学校空手道選手権大会(高校総体2013/インターハイ)』へ当塾の梶原丈照選手、

             当塾出身大分県柳ヶ浦高校の深町光仁選手2名が出場!

8月、   NZ/オークランド市にて開催された『オセアニア州 空手道選手権大会(sugihara_cup2013)』へ6選手が

             出場、篠田青空選手 個人形:優勝を筆頭に参加者全員が形部門で3位内入賞組手部門においても

      桐明三緒選手が準優勝、他2名もを獲得!

11月、 『第37回久留米地区空手道大会』において、メダル獲得数 大会史上最多となる30個を獲得!

11月、 山口尚祥君、(公財)全日本空手道連盟/公認参段に【 合格

12月、 『第8回 福岡県中学生新人空手道大会』にて、桐明三緒選手が個人形にて優勝

2014年3月、北海道北広島市で開催の『はまなす杯第8回 全国中学生空手道選抜大会』へ出場。

2014年1月、全九州高校生_形チャンピョンの森田うらら選手を招へい、『形・セミナー』を実施した。


◇2012年

5月、   『第30回 福岡県少年空手道錬成大会』において、中島早貴選手が個人形:優勝、荒木千皓

              選手、個人形:優勝、桐明三緒選手個人形:3位、優勝者2名及び田中駿祐選手(個人形)が

              福岡県代表として『第12回全日本少年少女空手道選手権大会全国大会』へ出場を果たした。

5月、   2009WKF世界大会 組手競技【6位】のマリーナ・モンク選手を招へいし、国際交流を実施した。

5月、   『日本空手道連合会 第12回 全九州空手道選手権大会』において、中島早貴選手が個人形

            :優勝、佐藤拓磨選手個人形:3位、2名が『日本空手道連合会 第50回全国空手道選手権大会』へ出場。

6月、    【久留米教室】が久留米市温水プールから久留米市立 牟田山中学校 武道場へ移転。

11月、 福岡県大会:【優勝】に続く、『第32回 全九州高等学校空手道新人大会』において、梶原丈照選手

               が個人形にて3位入賞を果たした。

11月、 同じく、『第32回 全九州高等学校空手道新人大会』において、当塾出身、大分県_柳ヶ浦高校の

       深町光仁君が,団体組手競技メンバーとして出場、見事!【優勝】を果たした。

11月、 『第36回 久留米地区(筑後地区)空手道大会』において、過去最多29個のメダルを獲得!

12月、 2012WKF世界大会 組手競技7位の八尋恒存選手を招へい、『組手・セミナー』を実施した。

2013年3月、和歌山県にて開催される『第32回 全国高等学校空手道選抜大会』へ梶原丈照選手が

                個人形部門、深町光仁選手が団体組手部門へそれぞれ出場。

 


◇2011年

4月、   山口尚祥くん、山口県_鴻城高校をへて福岡大学(法学部)へ進学、学連空手道部のスタートをきる。

4月、   当、道場生:深町光仁君、大分県_柳ヶ浦高校へ進学、空手道部のメンバーとしてスタートをきる。

5月、   『第29回福岡県少年空手道錬成大会』にて中島早貴選手個人形にて優勝、荒木千皓選手:個人形優勝

        桐明三緒選手個人形にて3位、優勝者2名東京武道館にて行われた『全日本少年少女空手道選手権大会』

           へ出場した。

6月、   『第7回福岡県中学校空手道大会』にて梶原丈照選手が個人形にて準優勝、『第7回九州中学校空手道

             競技大会及び『第19回 全国中学生空手道選手権大会』、の出場権を獲得した。

7月、   NZ/オークランド市にて開催された『オセアニア州 空手道選手権大会((sugiharacup2011)へ

      4名の選手が出場。 結果、桐明三緒選手、個人形にて準優勝、牛嶋一豪選手個人形にて優勝、篠田真壮

    選手個人形にて準優勝を獲得した。

8月、   『第38回全国高等学校空手道選手権大会(高校総体2011/インターハイ)』へ当塾出身、山口県_

    鴻城高校の東 龍星選手が団体組手の代表メンバーとして出場、、惜しくも3回戦にて敗退。

8月、   『第7回九州中学校空手道競技大会』にて梶原丈照選手が個人形にて3位入賞を果たした。

10月、『大分県高等学校新人戦空手道大会』にて当塾出身の大分柳ヶ浦高校の古賀勇樹選手が個人組手で入賞

              『第31回全九州高等学校新人空手道大会』へ出場を果たした。

12月、山口尚祥くん、(財)全日本空手道連盟/公認段位審査会において【 弐段位 合格

12月、塾長、(財)全日本空手道連盟/公認称号審査会において【 教士号 合格

2012年1月当塾の『寒けいこ』の模様がNHK福岡放送にて2日夜、3年連続してTV放送された。


◇2010年

4月、   当、道場生:古賀勇樹君、大分県_柳ヶ浦高校へ進学、空手道部のメンバーとしてスタートをきる。

5月、   『第28回福岡県少年空手道錬成大会』にて中島早貴選手個人形にて優勝、甲斐田来那選手:個人形準優勝

        高尾 舞選手個人形にて3位それぞれが東京武道館にて行われた『全日本少年少女空手道選手権大会』へ出場した。

8月、   『美ら島沖縄高校総体2010/インター・ハイ』にて当塾出身、山口県_鴻城高校3年の山口尚祥選手が

         団体組手の代表メンバーとして出場、5位入賞を果たした。

12月、 入部光男指導員、(財)全日本空手道連盟/公認段位審査会において【 弐段位 合格
12月、 『第5回 福岡県中学生新人空手道大会』にて、梶原丈照選手が個人形にて優勝、2011年3月_北海道で

               開催の 『はまなす杯 第5回 全国中学生空手道選抜大会』の出場権を獲得。

12月、  塾長、公認スポーツ指導者_空手道上級指導員講習会において初の講師を務める。

2011年1月当塾の『寒けいこ』の模様がNHK福岡放送にて2日夜、昨年に引き続きTV放送された。

3月、     塾長、(財)日本体育協会 公認空手道上級コーチ試験 合格

 


◇2009年

4月、   当、道場生:東 龍星君、山口県_鴻城高校へ進学、空手道部のメンバーとしてスタートをきる。

4月、   『第27回福岡県少年空手道錬成大会』にて中島早貴選手個人形に準優勝、辻 大樹選手

            個人形 準優勝、高尾 舞選手個人形にて準優勝、辻 香織選手個人形にて6年間入賞を果たし、

      それぞれが東京武道館にて行われた『全日本少年少女空手道選手権大会』へ出場した。

8月、   NZ/オークランド市にて開催された『オセアニア州空手道選手権大会』((sugiharacup2009)(

     WKFオフィシャル空手道競技ルール))にて団体形、2007年に続き2連覇。個人の形においても

               稗田航大選手が優勝他、出場した6選手全員が(3位以内)を獲得した。

11月、 塾長、(公財)全日本空手道連盟/公認六段審査会において【合格

12月、 山口 匠指導員、(公財)全日本空手道連盟/公認段位審査会において【 参段位 合格

2010年1月、当塾『寒稽古』の模様がNHK福岡放送にて2日夜、TVで放送された。

2月、    塾長、日本体育協会公認空手道/上級指導員養成講習会)【 講師 】として認定を受ける。


◇2008年

4月、   水城五月くん、岡山県_山陽高校をへて大分県_日本文理大学へ進学、学連空手道部のスタートをきる。

4月、   山口尚祥くん、羽犬塚中学校より山口県_鴻城高校へ進学。空手道部のメンバーとしてスタートをきる。

4月、   『第26回福岡県少年空手道錬成大会』にて、辻 大樹選手 個人形にて2連覇辻 香織選手個人形にて

        5連覇達成甲斐田来那選手個人形にて3位入賞。 それぞれが東京武道館にて行われた『全日本少年

              少女空手道選手権大会』へ出場した。

11月、 『第19回世界空手道選手権大会 TOKYO』にて男子個人形【5位入】のクリス・ラハージャ選手他、12名

               のチーム・ニュージーランドを迎えて国際交流を実施

11月、 カール・モンクくん(ニュージーランド/12歳)を受入れ、3ヶ月滞在後、2009年3月に帰国

2009年2月、ニュージーランド/ジュニア・チーム(15名)を1週間受入れ、国際交流を実施した

              その時の模様がTV-NHK福岡放送にて16日朝、放映された。


◇2007年

4月、   『第25回 福岡県少年空手道錬成大会』にて、辻 大樹選手個人形にて初優勝

             辻 香織選手個人形にて4年連続優勝、佐藤徹哉選手個人形にて準優勝、辻 直樹選手個人形にて3位

             それぞれが『全国大会』出場へ!

8月、   NZ・オークランド市にて開催された『オセアニア州 空手道選手権大会((SUGIHARA CUP2007)(WKF

             オフィシャル    空手道競技ルール))』にて団体形優勝準優勝。個人形においても、深町光仁選手優勝

              はじめ5部門にて入賞(ベスト3)に輝く!

11月、 『第31回 久留米地区 空手道大会』にて団体形部門を初制覇!(※初出場より15年目にして到達)


◇2006年

4月、   中尾彩さん、山口県鴻城高校へて名門大阪近畿大学に入学、学連空手道部のスタートをきる。

5月、   『第24回 福岡県少年空手道錬成大会』にて甲斐田来那選手個人形にて優勝、辻香織選手個人形、

             組手にて3大会連続優勝、辻直樹選手も個人形にて2大会連続優勝!緒方彩香選手個人組手にて

             準優勝!、それぞれが『全国大会』出場へ!

8月、   『九州空手道研究会 久冨杯 第7回大会』において、総合成績 参加24団体中、2位の成績を残す。

             また、形部門の成績では、団体中、1位の成績を収めた。

12月、 塾長、全日本空手道連盟公認称号審査会において、【錬士号】 取得!

2007年3月、『第6回 全日本少年少女空手道選手権大会』において、甲斐田来那選手、 辻 香織選手、

              辻 直樹選手、緒方彩香選手4名が、それぞれの部門にてベストをつくした。


◇2005年

4月、   塾長、(財)日本体育協会公認空手道競技力向上指導者〈コーチ〉試験 【 合格

5月、   『第23回 福岡県少年空手道錬成大会』にて辻香織選手個人形、組手にて優勝、辻直樹選手個人形

             にて優勝、深町仁美選手個人形、組手にて準優勝及びそれぞれが『全国大会』出場へ!    

             深町仁美選手は小学3年より4大会連続出場!

7月、   『第5回 全国少年少女空手道錬成大会』にて辻直樹選手、個人形ベスト8(敢闘賞)に輝く!

9月、   『第24回 国際空手道選手権大会inパース(AUS)』にて当塾生団体形、優勝、個人組手、

             準優勝(深町仁美選手)、個人形、3位(溝口優生選手)、個人組手、3位(山口尚祥選手)

10月、 『第60回 国民体育大会』へ中尾彩選手、(山口県鴻城高校3年)当塾生2大会連続出場!

11月、 ドイツ・空手道コーチ、ヨルゲン・マイヤー氏、来日 日/独交流を深める。

2006年1月、当塾、『寒稽古』の模様がNHK総合TVにて放映される。

 


◇2004年

3月、   自成塾空手道教室インターネット・ホームページをリニューアル。

4月、   塾長、全日本空手道連盟/全国公認空手道・組手審判員試験 【 合格

5月、   当道場の床を【国際空手道大会仕様マット】へ変更。

5月、   『第22回 福岡県少年空手道錬成大会』にて辻香織選手(小学1年・女子)、個人形で準優勝

             組手で優勝!、及び『全国大会』出場へ!

8月、   『第4回 全国少年少女空手道錬成大会』へ深町仁美選手3大会連続出場!

10月、 『第59回 国民体育大会』へ中尾彩選手(山口県鴻城高校2年)当塾生初出場!

11月、 『第31回 福岡県空手道大会 組手競技団体戦』初出場、小学生女子の部にて3位


◇2003年

3月、   『第4回・国際空手道交流会』のため、塾生10名、ニュージーランドへ渡航(12日間)

4月、   ニュージーランド・オークランド市において、塾生、『インビテーション・トーナメント』へ参加

             塾生、少年の部個人形・優勝、  少年の部個人組手・準優勝、高校生個人形・優勝、一般個人形・優勝

5月、   『第7回福岡県・中学生空手道大会』にて羽犬塚中学校・女子団体形3連覇達成!

7月、   ニュージーランドより11名『日新・空手道交流会』のため来日、同月7日まで滞在

8月、   『第3回 全国少年少女空手道錬成大会』深町仁美選手、深町光仁選手、2大会連続出場!

8月、   『第9回 九州中学生空手道選手権大会』にて羽犬塚中学校、女子団体形、3位入賞!

8月、    『第11回 全国中学生空手道選手権大会』にて羽犬塚中学校・女子団体形、5位入賞!

              /女子団体形3年連続ベスト8、羽犬塚・男子団体形、初出場!

10月、 自成塾空手道教室インターネット・ホームページ開設!


◇2002年

5月、    『第6回福岡県・中学生空手道大会』にて羽犬塚中学校・団体形2連覇達成!

5月、    『第20回福岡県少年空手道錬成大会』にて山口尚祥選手、小学4年個人形にて優勝

8月、    『九州中学生空手道選手権大会』にて羽犬塚中学校、女子団体形、優勝

8月、    『第2回 全国少年空手道錬成大会』へ深町仁美選手、深町光仁選手、出場!

8月、    『第10回 全国中学生空手道選手権大会』にて羽犬塚中学校・女子団体形、5位入賞

10月、 『日本空手道連合会主催、全国空手道選手権大会』へ6名の選手が出場


◇2001年

2月、   『九州空手道研究会・第5回技術講習会』を長崎県・佐世保市にて開催 

       : 講師に元世界チャンピョンの西村誠司氏、楢崎紀秀氏の両名を招へい

3月、   当塾生『福岡大學・空手道部主催・空手道セミナー』参加

5月、   『福岡県・中学生空手道大会』にて中尾選手優勝、『全国大会』出場決定!

             同大会、羽犬塚中学校・女子団体形、優勝、『全国大会』出場決定!

7月、   【日本空手道連合会・第1回全九州空手道選手権大会】出場/9部門入賞果たす。

7月、   師範、『ヨーロッパ空手道連合/空手道セミナー』に初参加

8月、   『第9回 全国中学生空手道選手権大会』にて女子団体形、6位入賞


◇2000年

2月、   『九州空手道研究会・第4回技術講習会』を福岡県浮羽郡吉井町にて開催

     : 講師に日本代表選手の藤井栄治氏、楢崎紀秀氏の両名を招へい

8月、   『第3回・日米交流会』のため、当塾生10名渡米(12日間)

8月、   アメリカ/ニューヨーク・森正隆先生の道場にて『日米交流練習会』を実施



◇1993年

5月、   自成塾空手道教室・後援会発足

6月、   修武館・宗家、野上修一先生を招き、『第1回・空手道技術講習会』を実施

6月、   ディビット・トレリー氏(米/男性)空手道/日米交流のため来日

8月、   塾生、井星選手、『浮羽郡民体育大会・空手道大会』にて組手にて2連覇

9月、   南筑後・英語助手(ALT)、サンドラ・ジャン氏(加/女性)入会

11月、 ディビット・トレリー氏、『久留米地区・空手道大会』にて形部門、優勝

11月、 ディビット・トレリー氏・帰国


◇1992年

4月、   財団法人・全日本空手道連盟に加入!

7月、   塾生3名、『福岡県少年空手道錬成大会』に初出場

8月、   塾生、井星選手、『浮羽郡民体育大会・空手道大会』にて組手にて初優勝

11月、 塾生13名、『久留米地区・空手道大会』に初出場!


◇1991年

5月、『自成塾空手道教室』(道場)を開設  住所 : 筑後市大字山ノ井550-2

 

8月~9月、カレン・ウォーレム氏(豪/女性)一時入会道場生となり任期を終え、帰国



◇1982年

3月、水田コミニティー・センター(現:武道館)にて発足!